リフォームの勘所

リフォーム後に掃除しやすいトイレの広さ

リフォーム後に掃除しやすいトイレの広さトイレは短時間しかいない場所だから、狭くてもいいと考えていませんか。実はある程度の広さがないと、掃除しづらく、用を足しづらいです。そのため、適切な広さを理解してからリフォームを行うことが重要です。具体的に必要な広さとなるのは、便器の寸法に足して幅40センチメートル、奥行き50センチメートルほど必要となります。トイレのスペースと便器の寸法を測って、そのうえで必要最低限のスペースを確保できるか確認してください。もしスペースが確保できない場合は、便器の大きさを変えるか、周辺の部屋などのスペースを確認したほうがいいでしょう。 掃除をするうえで便器の奥にまで手が届く程度の広さと幅が必要となるため、複数の便器メーカーの製品を確認し、大きさを見たうえでリフォームに役立てることが大切となります。

狭いスペースを効率よく活用するときには、タンクレス便器を使うことも重要です。タンクレス便器の場合、タンクを設置するスペースがいらないため、その分省スペース化できます。また、手洗いなどを設置せずに済ませることも、省スペース化に必要です。もし手洗いを設置する場合には、最低限必要なスペースに奥行き25から35センチメートル程度のスペースをプラスすることが必要となるため、設置できるかどうか確認することも忘れないでください。

人間が快適に掃除できる大きさとなるのは、約0.5坪ほどとされています 一般的なタンクありトイレの便器の寸法は幅45センチから50センチメートル、奥行き80センチメートル、高さ1メートルほどとなっています。タンクレスの場合、幅40センチメートル、奥行き70センチメートル、高さ55センチメートルほどです。 人間が快適に掃除できる大きさとなるのは、約0.5坪ほどとされています。

用を足すのにも最適な大きさです。ただし、バリアフリーの場合、介助のことも考え幅1.7から1.8メートル、奥行き1.6から1.8メートルほど必要となります。手すりが付くことも理解して、リフォーム時にトイレのスペースを確保することが重要です。